ソウゾウセカイ

Ivyと申します。ここでは主に小説を書いたりしています。コメントや★を付けていってくだされば嬉しいです。※小説には過激な内容が含まれることがあります。思いつきで書いているので、矛盾している点が多いです。そのため、過去の記事を書き換えることがあります。ご了承ください。

『A』 第4話 雑貨屋「マクベイン」

Neal
「よお、アーカー。」
「いらっしゃい」
 茶髪のひっつめ頭の女性は無愛想な返事をする。彼女はアーカー・マクベイン。この店『マクベイン』の店主で、昔から色々と世話を焼いてくれた人だ。
「その子は?新入りかい?」
「ちょっと違うかな……。アルバっていうんだ。アルバ、こいつはここの店主のアーカーだ。」
「初めまして。」
「どうも」
 アーカーは棚から目を離さずに返事をした。
「アンタはどこから来たんだい?この辺の人じゃなさそうだね。」
「ああ、それは……」
 オレは昨日あった事を話した。
「……なるほどねえ。それで、色々買いに来たのかい?分かった。好きなのを選びな。」
 
 少し経って、アルバは服やリボンを持って来た。服は……緑の模様が入った白いシャツに、黒く長いズボンだ。
「本当にいいのかい、それで?男物だよ?」
 アルバは頷く。
「……全部で630バルだよ。ニール、アンタが払うんだろ?」
 や、安い……。酒一瓶のほうがもっと高い。女物の服だからもっと高くつくと思っていたのだが。
「アルバ、本当にそれでいいのか?」
「ああ。」
 代金を確認して、支払いをした。
 
「……ありがとう、ニール。いつかちゃんと返すからな。」
「別にいいさ。……傷の具合は?悪いな、歩かせちまって。」
「だいぶ良くなった。」
 今朝、彼女の傷を診たのだが……傷は、黒い痕が残る程度に治っていた。それはもう、動き回っても大丈夫なくらいのレベルで。一晩でここまで治るなんて……ありえるのか?こんなこと。
「だけど、その。傷とは関係ないのだが……いや、何でもない。」
 アルバは首を横に振る。
「どうしたの?言ってみてよ。」
「いや、本当に大したことないんだ。気にしないでくれ。そうだ、次はどこに行くんだ?」
 アルバは1歩先に進む。
「食料品と薬と……あとはワインだな。」
「またお酒!?もう、いいかげんにしてよね!」
 アルバは「あはは」と笑っている。だが……一瞬だけ顔を歪めた、ような気がした。